あるあぷ

Algorithms Upgrade In Daily Life !

あるあぷ

汚れた革財布をサドルソープで丸洗いしてみた

(この記事は約5分でお読みいただけます。)

 

f:id:SATA_0326:20180707170643j:plain

革財布の汚れが目立って来た。

 

過去に修復した革財布ですが、使っているうちに徐々に内側の汚れが目立ってきました。

sata-0326.hatenablog.com

長い期間使っていれば濡れたり手垢や硬貨の汚れが付いてきます。
これもと言えばたしかにそうかもしれませんが、汚れではなく革のみのエイジングを楽しみたいのが本音です。

 

汚れを落としたい。
そんな時にふと思いついたのが以前実践した革靴の丸洗いでした。

sata-0326.hatenablog.com

「同じ革製品ですし、問題なく丸洗いできるだろう!」という安易な考えのもと、サドルソープで丸洗いに挑戦してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

状態確認

私の財布はこちらです。

f:id:SATA_0326:20180707193109j:plain

COCOMEISTER - ブライドル アルフレートウォレット

表側はブライドルレーザー、内側はヌメ革です。
表側は比較的綺麗ですが、先述のとおり内側が汚くなってきました。

こちらが問題の内側です。

f:id:SATA_0326:20180707170811j:plain

とてもきたない。

黒い部分は手垢やコインの汚れでしょうか。

f:id:SATA_0326:20180708012640j:plain
ここらへんは綺麗になる事を期待してます。

革の端は雨に濡れた部分なのか、中央との色差がかなりあります。

f:id:SATA_0326:20180708012654j:plain

 

そしてもう一つ問題が、この端っこ。

f:id:SATA_0326:20180707175025j:plain

縫い目がほつれています。
ミシンの縫い目って上糸と下糸で縫いあげるので、一回ほつれ始めるとどんどん広がって行っちゃうんですよね。

今回はオマケ程度にここも縫っていきたい所存です。

 

 

まずはほつれを補修する

ミシン縫いの特徴は上糸と下糸に分かれている事です。

f:id:SATA_0326:20180708020735j:plain

そのため上下で色を変える事もできます。
実際に私の財布では上糸が藍色、下糸が白色の2種類が使われています。

f:id:SATA_0326:20180708020944j:plain

デザイン性や生産性から選択されがちなミシン縫いですが、とにかく強度が弱い。上下どちらかの糸がほつれるとどちらもほつれていきます。

強度を持たせるために手縫いで補強したいのですが、1種類の色しか使えません。

 

迷った末、他人から見られる事が多いのは外側だろうと思い藍色を選択しました。

f:id:SATA_0326:20180708022545j:plain

本来革製品を縫い上げる際には蜜蠟を麻糸に塗布して強度を高めるのですが、そんな物は自宅にありません(笑)
今度また補修するかもしれないので蜜蠟塗布しなくて良いのです(合理化)

 

玉止め部分を1カ所のみにしたかったので針2本で縫っていきます。

f:id:SATA_0326:20180708024704j:plain

ミシン縫いで開いた穴が残っていたので難なく縫えました。

f:id:SATA_0326:20180708024717j:plain

最後は2本の糸を結んで玉止めします。

f:id:SATA_0326:20180708024757j:plain

うーむ...。
やはり白糸の中で藍色は悪目立ちしますね。

 

f:id:SATA_0326:20180708024741j:plain

気にしていた外側からの見た目は完璧です。
目を凝らさないと補修したのが分からないくらいではないでしょうか。

縫い終えた後にふと気が付いたのですが、藍色ではなく白糸で手縫いしサフィール補修クリームで外側のみ着色するのも手だったかもしれません。
擦ると色が落ちてしまいそうですが...。

 

 

 

 

 

サドルソープで丸洗い

お待たせしました、ようやく本編です。

サドルソープを使用して丸洗いをしていきます。

f:id:SATA_0326:20180708012806j:plain

サドルソープはスムースレザーの製品を全体的に洗う際に推奨されている石鹸です。

M.モゥブレィ・サドルソープ | 靴・皮革製品のお手入れ、靴磨き、Q&A、お悩み解決 ポータルサイト

 

今回はメラミンスポンジも併用します。

f:id:SATA_0326:20180708030451j:plain

 

革財布全体を水浸しにします。

メラミンスポンジでサドルソープを泡立て、財布を洗っていきます。

f:id:SATA_0326:20180708030912j:plain

泡だらけの革製品。
何度見てもシュールすぎて笑ってしまう光景です(笑)

黒ずんでいた部分やシミになっていた部分を丹念にスポンジで擦ります。

f:id:SATA_0326:20180708031109j:plain

もちろん外側も洗いました。

 

洗った後は乾燥です。

f:id:SATA_0326:20180708031425j:plain

立てかけていると型崩れを起こす可能性があるので、寝かせたまま開いたり、時々カッティングボードで挟んだりしながら乾燥させました。

f:id:SATA_0326:20180708031439j:plain

およそ半日程度で乾燥が終了しました。

f:id:SATA_0326:20180708031858j:plain

乾燥後は革はカラカラでガサガサですので栄養分を補給していきます。

f:id:SATA_0326:20180708032030j:plain

まずは水分の多い「M.MOWBRAY デリケートクリーム」をたっぷり塗布します。

この瞬間が大変心地良い!
みるみる革がふっくらしてきます。

f:id:SATA_0326:20180708032158j:plain

次に油分の多い「Collonil 1909 シュプリームクリーム」で栄養分と光沢を足したら終了です。

 

いかがでしょうか!

f:id:SATA_0326:20180708103454j:plain

消えないシミはあれど最初の写真と比較するとそれなりに綺麗になったんじゃないでしょうか。

↓ビフォー

f:id:SATA_0326:20180707170811j:plain

補強した部分も問題なさそうです。やっぱり白糸にすれば良かったかなぁ。

f:id:SATA_0326:20180708105416j:plain

汚れが落ちるのはもちろん、若干革のトーンが明るくなったような気がします。

f:id:SATA_0326:20180708105543j:plain

 

傷だらけですが、なんとなくロゴも晴れやかに見えます(笑)

f:id:SATA_0326:20180708105858j:plain

 

外側も同様のケアを施しました。

f:id:SATA_0326:20180708113633j:plain

綺麗になってよかった!

 

 

 

 

 

あとがき

今回サドルソープとメラミンスポンジを用いて革財布の丸洗いをしてみました。

革用の石鹸だけあって、想像以上に綺麗になるものですね。

f:id:SATA_0326:20180707193109j:plain

これでまた暫く使い続ける事が出来そうです。

革財布を水浸しにするのに抵抗がある方は、メラミンスポンジで擦るだけでも汚れが落とせるようなので試してみてはいかがでしょうか。
もちろんその後は革がガサガサになるので栄養分の補給を行なってください。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。