あるあぷ

Algorithms Upgrade In Daily Life !

あるあぷ

粉状の歯磨き粉「ホワイトニングパウダー」を試してみた

(この記事は約5分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20181021040844j:plain

歯を白くしたいならコレらしい。

 

 

以前電動ブラシから音波ブラシに変えた旨の記事を投稿しました。

sata-0326.hatenablog.com

毎日効率的で快適な歯磨きができています。

せっかく効率的な歯ブラシに変えたのなら、いっその事歯磨き粉まで良い物を使ったらどこまで歯は白くなるのだろうかと興味が湧きました。
芸能人がやるようなホワイトニングは高いしそこまで興味がありませんが、家庭でどこまで白くできるのかは気になっている方も多いはず。

今回はそんな歯を白くする事に特化した粉状の歯磨き粉「ホワイトニングパウダー」なるものを使い始めてみました。

f:id:SATA_0326:20181021042135j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の変色は内的要因・外的要因

歯の変色は内的要因と外的要因に大きく分かれます。

歯の表面を覆うエナメル質は半透明色で中の象牙質は黄色をしています。
この基本的な構造が体質などから破綻して変色するのが内的要因、外からの汚れ等で変色するのは外的要因と言います。

要因は数多ありますが、なかでも「加齢による変化」「口呼吸による口腔内の乾燥」「濃い色飲食物によるステイン汚れ」が一般的に問題視される部分かと思います。

 

とある歯科のホームページに分かりやすい説明がありました。

www.oofunaekimaesika.com

コーヒーやチョコレート、カレーなど、色の濃い飲み物や食べ物を摂ることが原因でもありますが、他にも様々な原因があります。

 

加齢
歯の象牙質はもともと黄色みがあり、これを半透明のエナメル質が覆っている状態です。加齢とともに象牙質の黄色みはますます濃くなっていき、何度も歯磨きを繰り返すことでエナメル質は徐々に薄くなっていきます。色が濃くなると同時にエナメル質が薄くなることで内側の色が透けやすくなり、より黄ばんで見えるようになるのです。

口呼吸
女性に多いと言われる口呼吸も、歯が黄ばんでしまう原因の一つです。
口呼吸は唾液の循環を妨げ、口内を乾燥しやすくします。同時に歯を覆っている唾液のタンパク成分も乾燥して残留し、歯を変色させてしまうのです。口呼吸の方は、鼻呼吸ができるよう訓練しましょう。
また、口内の乾燥を防ぐため、こまめに水を飲むこともおすすめします。

 

なるほどなるほど...。

私の場合はアレルギー性鼻炎持ちですので鼻の調子が悪い時は常に口呼吸です。
最近も暖房を使い始めたせいか鼻の調子がすこぶる悪いです(笑)

濃い色の飲食物は、ワインやタバコは嗜みませんが珈琲と紅茶を四六時中飲んでいるので口腔内はステイン地獄と化しています。

f:id:SATA_0326:20181021045636j:plain

年齢は20台と一般的には「小童」とか「青二才」なんて呼ばれる部類なんで大丈夫だと思いたいところ...。

これらから、私の場合はエナメル質回りの汚れ付着が原因になる可能性が高いようです。
そんな状態に適した歯磨き粉を探していたらこんなものを見つけました。

 

 

 

 

 

粉状の歯磨き粉「ホワイトニングパウダー」

Dr.Oral「ホワイトニングパウダー」という物です。

美しく白い歯を目指す 〈ドクターオーラル〉 公式サイト | ホワイトニングパウダー

f:id:SATA_0326:20181021053135j:plain

内容量26gで価格は約1400円。
一般的な歯磨き粉と比較すると少々割高でしょうか。

私の現状にピッタリかつAmazonレビューが概ね高評価で気になったので選択してみました。

 

歯磨き粉とは思えない円柱型の容器です。

f:id:SATA_0326:20181021053742j:plain

 

なんでもこの歯磨き粉の特徴はペースト状ではなく粉状という部分!

f:id:SATA_0326:20181021053800j:plain

f:id:SATA_0326:20181021054933j:plain

公式曰く、アパタイトという物質でできたこの歯磨き粉は、高配合すると固くなりやすくチューブタイプに向かないとの事で形状の安定した粉にしているとの事です。
アパタイトは歯のエナメル質の97%を占める物質のため、汚れを除去するだけではなくエナメル質のコーティングもしてくれる親和性の高いものだとか。

研磨剤入りの粉磨きよりも粉の粒が小さいため、歯の隙間にもよく届くとの魅力があるようです。

 

 

 

実際に使ってみた

特殊な形状とはいえ使い方は簡単。
乾いたブラシで粉を掬い、水も付けずそのまま歯磨きしていきます。

f:id:SATA_0326:20181021040844j:plain

口に入れる瞬間だけ「あぁ粉っぽいな...。」と感じますが、磨き始めると違和感はまったく無くなります。
磨き心地も泡立たない歯磨き粉といった感じで特に問題なし。

ペパーミントの香りで清涼感あって心地良いです。
心なしかペースト状のものより香りが強いような気がしますが気のせいでしょうか(笑)

磨き終えた後は通常の歯磨き同様、口をゆすいで終了です。
ペースト状のもの同様歯の表面はツルツルになりました。

粉状の歯磨き粉というインパクトが強かったですが、良い意味で違和感なく磨けたのが驚きでした。

 

試しに購入より1週間ほど夜のみホワイトニングパウダーを使用してみました。

たしかに若干白くなったようにも見えますが、そこまでの爆発的な改善が見られたかというと正直分かりません。

歯の色は「VITAシェードガイド」という色見本で分類されますが、2~3段階程度の改善でしょうか。標準のA3.5からみたらD3~A3くらいになったのかなという印象です。

Amazonでは「1回使っただけでも著明な効果を実感できた。」といった旨のレビューを見ましたが、本当に?と言わんばかりの感想です。
もちろんたった1週間で効果があるなら歯のホワイトニング業は廃業しているはずなので、しばらく続けてみたいと思います。

 

 

 

 

 

まとめ・あとがき

以前購入した電動歯ブラシの恩恵を更に受けるべく、Dr.Oralの「ホワイトニングパウダー」を使ってみました。

内容量は少ないですが1回に付ける粉量は少ないので、少し高価な歯磨き粉くらいのコストパフォーマンスになるかなという印象です。

f:id:SATA_0326:20181021053742j:plain

粉状というインパクトはありましたが違和感なく磨けたのは驚きでした。ペパーミントの清涼感も心地がよいです。

主題の歯の白さについては極めて僅かながらの効果を感じましたが、1週間程度ではそこまでの実感がわきませんでした。

改めて考えれば、今までの歯磨き粉では白さの最大値を越える事は無かったので、少なからず「ホワイトニング」的効果は期待して良いのかもしれません。
日常使用できる手軽なホワイトニング用品と考えるなら手の出しやすいものかと思いました。

主題の部分は長期間使用を続けたのちに追ってご紹介したいと思います。

ホワイトニングパウダー使い始めたよ!というご報告でした(笑)

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。