あるあぷ

Algorithms Upgrade In Daily Life !

あるあぷ

「ZOZOSUIT」が到着したので計測してみた

(この記事は約6分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20180602150634j:plain

ZOZOSUITがついに届いた。

 

予約開始からおよそ7か月。
捌ききれない予約数や、大量生産困難なセンサー方式等いろいろな事があったようで、当初のガンツスーツのような形状から形を変え、この形となったようです。

さっそく計測してみましたのでブログに残しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

着るだけで採寸できるスーツ

そもそもの「ZOZOSUIT」について少し触れておきます。

ZOZOSUIT

 

洋服やスーツ等、着用するものにはサイズがあり、その人それぞれに合った適切なサイズがあります。
「自分はMサイズだな」となんとなく分かっている方も多いですが、メーカーによってはMサイズでも大きかったりサイズに誤差があるのが現状です。

f:id:SATA_0326:20180606035636j:plain

そこでこのZOZOSUITを着用するだけで体のサイズを計測し、自分にピッタリなサイズを探す事が出来たり、ZOZOブランドとしてオーダーメイドの服を注文できるという画期的なもの。

しかも予約開始当初は無料。
当然の事、予約が殺到したようです。

 

初期に予約した方なら覚えがあるでしょう、初期のセンサー方式。

StretchSense社との共同開発で、ガンツスーツのような形状でスーツ上に張り巡らされたセンサーでサイズを計測する「伸縮センサー方式」を採用するはずでした。

しかし電子部品を扱う技術的な問題や精度の問題から、迅速な生産が困難となったようで、生産を断念する結果となってしまったようです。

toyokeizai.net

東洋経済オンラインにも記事が載っていました。

細かい技術が必要となる電子部品を扱う難しさもあり、迅速な出荷や精度の向上に向けて研究を進める過程で、生産を断念する結果に。仕様変更に伴い、2018年3月期決算で14億円の減損損失と2億6300万円のたな卸資産評価損を計上した。

「『失敗』と言っていい。われわれも、(共同開発した)ニュージーランドのストレッチセンス社も、電子部品を作る、大量生産するという意味ではド素人だった」(前澤社長)。

「精度向上のための新しいアイディアを募集しています。」とZOZOTOWNが呼びかけていた時点でかなり切羽詰まっていたのかもしれません。

 

そんなこんなで新たに採用された技術がマーカー方式です。

モーションキャプチャーのように、水玉模様をカメラで読み取ってその寸法を測るというもの。
この方式ゆえ大量生産も可能になったようで、ようやく私達一般人にも手に届くようになりました。

なお現在注文するとおよそ1~2ヶ月程度で届くようです。
気になった方はチェックしてみてください。

http://zozo.jp/zozosuit/

 

 

 

開封の義

さっそく開けてみましょう。

内容物は書類とZOZOSUITと説明書兼台座。

f:id:SATA_0326:20180602160144j:plain

 

ZOZOSUIT本体は個々のマーカーを識別するための斑点が入っているみたいです。

f:id:SATA_0326:20180602160845j:plain

 

説明書にはZOZOSUITの使い方が記されています。

f:id:SATA_0326:20180602160756j:plain

 

説明書は折る事でこんな感じに台座として使うようです。

f:id:SATA_0326:20180602160818j:plain

 

 

実際に測ってみた

まずは測るためにZOZOSUIT着てみましょう。

f:id:SATA_0326:20180602145849j:plain
ウワサには聞いておりましたが、人様にはお会いできない格好です...。
おしゃれは我慢ってこういう事なんですかね(?)

Twitterで返信頂いて気が付きましたが、このとてつもない既視感はレモンスカッシュによるものみたいです(笑)

f:id:SATA_0326:20180608022003j:plain

めちゃくちゃ懐かしい。

 

計測はZOZTOWNのアプリ右下の「計測・その他」よりできます。

f:id:SATA_0326:20180605022943j:plain

 

台座にスマホの背面カメラを向けた状態でセットし、音声ガイダンスで誘導してくれます。

f:id:SATA_0326:20180602160818j:plain

ちなみに高さは70cm程度、背面カメラから2mほど離れた距離がベストとの事。

位置調整も「もうすこし後ろに移動してください」等、音声が誘導してくれます。

 

正面を時計の12時として、方向を変えながら12回撮影。

f:id:SATA_0326:20180605021555g:plain

この撮影データを元に3Dデータが作成されます。

f:id:SATA_0326:20180605024435j:plain

この3Dデータは採寸結果を如実に表すため、お腹が出ている方はその通りに反映されるとの事。
同じ身長+体重の方々の平均値と比較する事もできるので、客観的に自分のスタイルを評価できるとダイエッターの方から支持を受けているようです。

 

ちなみに私は平均値よりも上腕・前腕の太さが3cm以上太く、下腿が2cmほど太い”末端がっしり体形”でした(笑)

f:id:SATA_0326:20180402024136j:plain

以前よりそんな気がしていましたが、現実を突きつけられました(笑)

通りで細いブレスレットや細身の服が入らないわけだ!

 

 

 

 

 

採寸のメリット

ZOZOSUITについて触れた部分でちょこっと記載しましたが、採寸するメリットは大きく2つあります。

  1. 「あなたサイズ」での検索
  2. ZOZOオリジナル商品の注文

 

1.「あなたサイズ」での検索

採寸結果はZOZOTOWN内に保存され、検索欄の左側にある「あなたサイズ」で絞り込めるようになります。

f:id:SATA_0326:20180603081040j:plain

こんなかんじに。

f:id:SATA_0326:20180602150507j:plain

 

ただ、特定のブランドで自分サイズ検索をする時が少々面倒で気になります。

この記事を書いている際に偶然解決策を見つけたのですが、つい先ほどまで特定のブランドで自分サイズ検索できないものだと思っていました。

 

たとえばPaul Smithのトップスが欲しいとします。

検索窓からPaul Smithで検索をかけると、あなたサイズの絞り込みは「使用できません」になります。

f:id:SATA_0326:20180606035318j:plain

上に小さい文字で説明が。

対象カテゴリーを選択するとあなたに適切なサイズの商品で絞り込めます。

ふむふむ、なるほど!
ということで、カテゴリからトップスを選択。

f:id:SATA_0326:20180610080416j:plain

するとPaul Smithの検索が外れて全ブランドのトップスから自分サイズ検索するという状態に逆戻り。

f:id:SATA_0326:20180609174005j:plain

なんでだ...!

どうやら特定のブランドで検索したい場合は左下のブランド欄から選択する必要があるようです。

f:id:SATA_0326:20180609170836j:plain

ここからPaul Smithを選択すると絞り込めました。

f:id:SATA_0326:20180609172748j:plain

あくまでブランドページからでないと絞り込みできないようです。
多分これ知らない方もいらっしゃるのでは...。

普段ZOZOを使わない身としては、特定ブランドで自分サイズ検索できないものだと思っていました。

検索窓からも絞り込めるようになると手軽で嬉しいのですが...。

 

2.ZOZOオリジナル商品の注文

ZOZOSUITで採寸するもう一つのメリットは、ZOZOブランドとしてのオリジナル商品を購入できるようになることです。

f:id:SATA_0326:20180606040026j:plain

これはサイズ表記がなく、採寸結果から自分サイズにぴったりの服をオーダーすることが出来ます。
しかもこの安さ、圧倒的庶民の味方感。

このZOZO商品は今後もどんどんと追加されていく予定との事。

前澤さんのTwitterを拝見すると新商品の案内や、ユーザーの要望を反映させていくご様子です。

twitter.com

 

 

 

 

 

あとがき

待ちに待ったZOZOSUITで全身採寸してみました。

f:id:SATA_0326:20180602150634j:plain

初期のガンツスーツから水玉全身タイツに変わったとはいえ、採寸する時だけ着るものなので、格好良さを求めている方は少ないのが実態かと思います。

やはり一人では容易でない全身採寸を着るだけでできるのは非常に満足です。
上肢の長さや太さは他の人に測ってもらわないと確実にズレちゃいますからね。

 

先述のとおり、唯一気になったのが「あなたサイズ」の絞り込み。

f:id:SATA_0326:20180602150507j:plain

あっという間にアップデートされそうですが、検索窓からブランド検索しても「あなたサイズ」で絞り込みができたら尚の事使い勝手が良くなりそうだなと思いました。

f:id:SATA_0326:20180609164031j:plain

 

総じて未来感のある貴重な体験でした。
ZOZOブランドのオリジナル商品も気になるので買ってみようかな!

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。